ライフスタイル

健康的で活動的な日々を送るにはストレッチが大事!習慣化してストレッチの恩恵を受けよう

お金も時間もかけず健康的な日々を送るのに『ストレッチ』は最適です。

ちょっとした空き時間や休憩時間にもできる上、器具などを必要とせず身体をほぐすことができるため簡単な運動として行っている人もいます。
ストレッチの目的は本来、筋肉を伸ばして身体を柔らかくすることですが、メリットはそれだけではありません。

健康法には様々方法がありますが、昔から絶えることなく行われてきたストレッチを習慣化することで多大な恩恵を受けることができるのでその方法とメリットをご紹介します。

静的&動的なストレッチ

ストレッチにはいくつかの種類がありますが、まずは静的ストレッチと動的ストレッチから見ていきましょう。

どちらもその名の通りのストレッチにはなりますが、静的ストレッチは筋肉を伸ばした状態をキープするストレッチ。

前屈や腕を伸ばしたりといったストレッチが静的ストレッチにあたり、一番危険性がなく筋肉が伸ばせる方法です。あまり動きをつけすぎるとかえって痛めてしまうという人も中にはいると思うので、一番安全と言われている静的ストレッチから始めてみるのもいいでしょう。

 

続いては動的ストレッチですが、ストレッチに動きをつけたものでラジオ体操などはコレにあたります。

ラジオ体操で身体を壊す方はごく少数だと思いますが、基本的には安全なストレッチ法になっています。

スポーツなどをする前には競技内容に合わせた事前の動的ストレッチも必要になってくるので、よく目にするストレッチでもあると思います。

ストレッチの大きな効果

基本的なストレッチ法を知ったところで、実際にどういった効果が明確に表れてくるのか見ていきます。

・柔軟性を高めケガを防止


ストレッチを続けていくと身体は柔らかくなってきます。
これも一つの身体の慣れであり、習慣化することで徐々に硬い身体も対応できるようになってくるので柔らかくなるのです。
柔軟性の高い身体になると、転倒時にも身体が動きやすく変な捻り方をしなかったりと瞬時のことでも対応できるためケガ防止になります。

・基礎代謝をあげてダイエット効果


筋肉が凝り固まってしまうと、血行が悪くなり酸素や栄養が回りにくくなってしまいます。
ストレッチで筋肉をほぐしてあげると血流も改善されて基礎代謝があがります。
代謝があがるとダイエット効果にも繋がってきますので、冷え性の改善にもなると言われています。

・骨格が整ってくる


筋肉によって姿勢が保たれているため、筋肉が衰えてしまうと綺麗な姿勢を保てなくなってしまいます。
そうすると色々な箇所に負担がかかってくるため、疲れやすくなったり肩こり腰痛に繋がってきます。
筋肉をしっかりと伸ばし、動かすことで姿勢を矯正することも可能になり、骨格が綺麗に整ってきます。

・肩こり腰痛の改善


筋肉が凝り固まってしまうと身体に負担がかかり、その結果、肩こり腰痛に。
柔軟性が低いとそういった傾向もあり、節々に負荷をかけている状態になってしまいます。
筋肉は身体の様々な部分を支え守ってくれているので、肩こり腰痛にも効くと言われているのです。

・疲労回復効果


日々の生活の中で体内には不要な老廃物などが溜まっていきます。
筋肉が凝り固まっていると血流が悪くなり、老廃物の排出が難しくなってくるため疲れやすく感じます。
血流改善により老廃物の排出も可能になってくるため、疲労回復効果に繋がってくると言われています。

ストレッチにもデメリット?

そんなストレッチですが“やり方を間違える”とデメリットもあります。

成功者の中には朝習慣を実践してきた数多くの著名人がいます。

  • やりすぎでケガになる
  • やり方を間違えると効果がない
  • 続けなければならない

何に関してもそうではありますが、やりすぎはよくありません。
筋肉を気持ちいいと思える部分で伸ばしているうちは問題ないのですが、痛いけど伸ばすほどになってしまうと逆効果です。

肩こり腰痛にも効くと言われているストレッチですが、普段から動けないほどの痛みを抱えている人などはやめておきましょう。
悪化する可能性もあるため、専門家に相談しつつ行っていくことをオススメします。

年配の方は特にこういったストレッチを取り入れることで、いつまでも若々しい肉体を維持することも可能になります。

何よりケガの防止は特に重要で、日々の生活の中にこれらのストレッチを取り入れるだけでケガの防止にもなりますのでちょっとした時間に取り入れてみてもいいでしょう。

仕事や家事で忙しい方などは筋肉が凝り固まっている可能性もあります。
休憩時間などで少し身体を動かしてみると、効率的に身体が動いてくれるようになってきますので、取り入れてみてください。