ファイナンス

paypay100億円バラマキ第2弾!誰より得する2つの準備

2018年の12月、そのキャンペーンは話題沸騰となり、都内のブックカメラは長蛇の列ができていました…
当初の予定では3月まで続くはずだったキャンペーンが、10日間で終了したんです。

2019年2月、そんなpaypayキャンペーンの第2弾が発表されました!

第2段の特徴としては、支払いの手段によって、キャッシュバックの還元率が違うことです。
paypay残高やYahooマネーの場合は20%そのほかのクレジットカードの場合は10%の還元率と、還元率が2倍も違います

しかも、1回の買い物での還元額は一律で上限1,000円となりました。
※キャンペーン期間内での付与上限は50,000円分

そのため、例えば家電製品を10万円分買っても、第1弾と違って全額還元にはなりませんし、10万円分買っても還元額は1,000円となります。

■第2段の利用シーンはどこか

 

第1弾と比べると、還元額は抑えられてしまっていますが、第1弾では特に12月のボーナス時期ということと、家電製品などの高額商品に需要が集まったため、100億円にすぐに達したために、当初想定していた人数よりも少ない人数にしかpaypayを利用してもらえなかったのだと思います。

また、paypayを使用できる店舗がたくさんあっても、高い買い物をした分還元されるし、全額還元される可能性もある、ということで、特に大型家電量販店などに決済者が集中していました。

そこで第2弾では、ひとりあたりの還元額を制限して、より広く、様々な方に使用してもらうため&消費単価が少ないお店でもpaypayを導入してもらうために、このような形式になったのかなと思います。

1回の買い物で1,000円という還元額であれば、日常のお買い物やコンビニ、ランチなどで使った金額に対しても還元されますし、第1段よりも様々なお店に消費が分散するんじゃないかなと思います。
5,000円の買い物をすれば20%の1,000円還元が確定します。

ということで、paypayのアプリを起動して、「全国のお店一覧」を見てみてください。
利用できる店舗が地図上に表示されるので、自宅や職場付近で使えるお店を探してみましょう。

日用品や消耗品のショッピングから、ランチ、美容院などなど、
5,000円前後のお買い物がある場合には、積極的にpaypayを利用するのが賢い使い方と言えそうです。

また、第1弾キャンペーンの時に還元された残高を保有している方も多いと思いますし、そういう方はお財布から現金が出ていくことなく、paypay残高で支払いが出来ますね。

今のうちに、5月までに行きたいお店やほしいもの、消耗品のまとめ買いなど、お買い物リストをピックアップしておきましょう。

■いつでもpaypayを使える準備を使用

 

PayPayの第2弾100億円キャンペーンも、第1弾に比べるとユーザーひとりあたりの利益は少なくなってしまいますが、そうは言っても5000円以下の買い物で最大1,000円還元はかなりお得です。

paypay
こちらから、スマホにアプリをインストール可能です。

「最大限にトクしたいという方は、年会費無料の「Yahoo!JAPANカード」の申込みも検討してもよいかもしれませんね。

日常生活ではランチやディナー、消耗品の買い出しなど、お金がかかる場面ばかりです。
paypayのキャンペーンを賢く使って、おトクにお金を使いましょう。