ファイナンス

遂に来たキャッシュレスの時代!キャッシュレスならではのお得に使える方法も多数

キャッシュレス決済はクレジットカードをはじめとした電子マネーやQRコードを利用した決済

前々からクレジットカードを支払いのメインとされている方も多くいらっしゃるとは思いますが、今やクレジットカードのみならずアプリなども含めてキャッシュレス決済を導入する時代となりました。

海外ではキャッシュレス決済のみの店舗も増えるなど続々と普及していますが、日本ではまだ現金派の方も多いでしょう。

使い勝手やセキュリティ、気になる部分はまだまだありますが時代の最先端をゆくキャッシュレス決済をご紹介します。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済の中でも大きく分けることが出来ます。

・カード


└クレジットカード
└デビットカード
└プリペイドカード

 

・電子マネー


└ICカード(Suica、PASMO)
└スマートフォン(ApplePay、iD、QuickPay)

 

・QRコード


└スマートフォン(PayPay、楽天Pay、LINE Pay)

 

今や決済の一つとなっているカード類に加え、少し前から電子マネーも導入されてきました。

主に自動販売機やコンビニなどで使われる場面をよく見ますよね。


これに加えて近年普及してきているのがQRコードです。

QRコードはIT系企業が独自に運営するものも多く、通信キャリアなども参入している新サービスとなっております。

中国などでは今やQRコードによるキャッシュレス決済が通常となっており、現金決済ができない店舗も増えてきております。


既に使われている人も多いと思いますが、今後もまだまだ簡単な決済が可能になるサービスも増えてくると想定されるでしょう。

キャッシュレスの支払いの仕組み

キャッシュレスときくと難しそうにも聞こえますが、そうはいってもクレジットカードを代表として挙げれば理解しやすいのではないでしょうか。

クレジットカードの場合は後払いになりますが、キャッシュレス決済にはそれ以外も存在します。

・前払い式 事前にチャージ
 └電子マネー
 └QRコード
・後払い式 後日支払い
 └QRコード
 └カード
・即時払い式 リアルタイムで支払い
 └QRコード

基本的にはこのような構造になっています。

細かくはサービスごとに異なりますが、キャッシュレス決済の種類ごとに大まかにわけるとこのようになります。

いずれの形でも大きな変化はありませんが、支払うタイミングを分けたい場合などには使い分けるといいでしょう。

注目の人気アプリ

携帯で決済出来てしまうのもキャッシュレス決済の人気なポイントです。

常に所持していることが多い携帯だからこそ、お財布を忘れた時にも出来ちゃう手軽さで人気になっています。

 

中でも注目となっている人気アプリはこちらです。

楽天ペイ
カード払いをアプリひとつで行え、楽天ポイントも使えるアプリです。
利用者数も続々と増えており、楽天カードと合わせて利用される方も多いと聞きます。

 

PayPay
QRコード決済・バーコードで決済するアプリです。
大規模なイベントなどでも注目を浴びたアプリですが今後益々成長していきそうな勢いとなっています。

 

Origami
スマホ決済アプリとしては人気が高いアプリです。
スマホ決済では使えない店舗も多いですが、加盟店も増えており使いやすくなってきています。

 

Suica
鉄道などで主に利用されるSuicaですが、専用のアプリです。
プラスチックのカードがなくとも利用できるため家に忘れることもないのがメリットですね。

 

PayPal
こちらも長く利用されてきているアプリです。
元々はWEBがメインですがアプリでも利用できるようになっており、海外にも支払いができるなど他とは違うメリットがあります。

 

キャッシュレス決済の普及

今後まだまだ普及し、世界的にも浸透していくことが想定されるキャッシュレス決済。

日本は現金の方が多いため普及に時間がかかっていますが、大規模なイベントなどからもわかるように業界全体がキャッシュレスの動きをしています。

理由の一つとしてお金の流れを管理しやすい点にもあります。


個人的にも企業としても誰が何にいくら使っているのかなど、企業側に必要な情報もキャッシュレスにしてしまえば明確となってくるため、まだまだ時間はかかるかもしれないですが浸透していくのも時間問題でしょう。