ファイナンス

全然貯金できない!を脱却する貯金上手になる人の鉄則5つ

お金の悩みの一つとして「貯金ができない」という人は多いと思います。
貯金ができない・お金が溜まらない理由は人それぞれで多種多様ともいえますが、多くの人に共通する貯金の仕方も存在します。

「貯金なんて難しい!」と思ってしまう人も多くいますが、それはやり方を知らないだけであって貯金すること自体は難しいことではありません。
貯金をするにはそれなりの自分にあった環境を作ることも非常に大事であり、自ら貯金する意思というのも重要です。

ですがどうしてもその意思が折れてしまって貯金できないという結果に結びつくこともわかります。

そこで今回は貯金上手になる人の鉄則をご紹介していきますので、少しでも“自分に当てはまる”と思った点があれば日々の生活で少しずつ心がけてみてください。

数字を知る

お金が入ってくる金額と出ていく金額、それを知らなければ管理することはできません。
収入と支出を把握することはキャッシュレス時代になってきている今、難しいことではなくその一つひとつが「何に」「いくら」「どこで」使われているのか、全てを把握することも可能です。

昔は家計簿などをつけて面倒だったかもしれませんが、今ではキャッシュレスにすれば自動で家計簿をつけてくれるので暇な時間にその数字を見るだけで「いつも自分がどれぐらいの金額使っているのか」がわかります。

これを知ることでまずは「収入」と「支出」をしっかりと把握しましょう。

「収入」は喜びの対象なので把握している人も多いと思いますが、それ以上に大事なのは「支出」です。
もちろん、毎月の収入に対して出ていく金額が多ければ多いほど、貯金がたまることはありません。

そこで毎月自分が何にいくら使っていいのか、それを把握する必要もあります。
毎月のように定期的に出ていくお金もあれば、毎月のように定期的に入ってくるお金もあります。

食費や生活費に関しては特別なことでもなければある程度は毎月一定になります。

そこでその金額を把握し、何にいくら使っていいのかを把握します。
これも自動で家計簿などを見れば一目瞭然ですので、消費をコントロールすることで、数字を知ることができます。

自動的に貯金する

数字を知った上で次にするべきことは、自動で貯金するということ。


数字を知ることもそうですが、何に関しても手動でやるというのは面倒なこと。

その面倒が積み重なることで家計簿をつけ始めよう!と思ってもなかなかそれが続かず、三日坊主で終わってしまうことになりかねません。

それら全てを自動化することで、簡単にお金の管理ができるためコントロールしやすくなるのです。

もちろん全てをキャッシュレス化する必要はなく、今ではクレジットカードや銀行口座と連携するアプリなどもあるので、それらを活用して現金でありながらも自動で管理するという環境を作ることが何よりも重要です。

 

そして貯金が苦手な人がやりがちなのは「余った分を貯金する」ということ。

これでは溜まるお金も溜まりません…。

 

貯金をするにはまず収入が入ってきた段階で“貯金額を決める”ということ。

そしてその貯金額通りにまず貯金するということ。

これが重要です。

 

さらに言えば、貯金用の口座を専用に作っておいてそこに貯金していくのがいいでしょう。
そしてその貯金用口座はキャッシュカードを持たないというのも大事なこと。

何か必要な支出があった際に出来る限り使わないよう徹底できるのも、キャッシュカードを持たないことでクリアできます。

持っていないのですから当然使うこともできませんが、その分給与口座などに必要な生活費を入れておくことも重要。

今では毎月何日と指定で自動に銀行口座から貯金用口座へと送金してくれるサービスを持っている会社も多くあるため、使っていくといいでしょう。
特にネットバンクなどでそういったサービスが行われており“無料”で行われていることも多々あるのでお勧めです。

ネットバンクを有効活用

先ほども少し話に出ましたが、ネットバンクは貯金にとってかなり優れています。
古くから使っている銀行は便利であったり、メガバンクなどになれば安心感もあるでしょう。

ですがネットバンクでも長らく愛されている銀行は多数あり、さらにネットバンクならではのセキュリティもしっかりしてきています。


人員的な問題もあるため、ネットバンクの方がサービスがよかったりすることもあります。

人員削減が可能な点から手数料が安かったり、サービスが充実していたりと様々なメリットもある上に自動送金サービスなどもあるため、貯金にはもってこいです。
また、最近のネットバンクは利子も高くついてくるため貯金用としてもお勧め。

ネットバンクのデビュー応援プログラムなども開催されており、定期的にキャンペーンなどのお得な期間もあったりするため、タイミングを見てチェックしてみるのもいいかもしれません。

コントロールしてきたら削減

最初から色々とやってしまうとなかなか貯金意欲が続かなかったりしてしまいます。

その結果、やろうやろうという気持ちばかりが先行してしまい、日々時間が取れなくなってくることで貯金を疎かにしてしまう結果が貯金ができないという結果に。

なので、最初から色々とやろうとせず、一つずつこなしていくのも重要なポイントになってきます。
上記の様々なサービスや数字をしることでお金をコントロールすることができるようになってきます。


そうするといよいよ、大規模な削減に移ることができます。

どのような人であっても「これは本当にいる?」と思うようなものを持っていたり買っていたりすることでしょう。
気付いたら1年間使っていなかった、といったようなモノを持ち続けることもあるためそういった部分をどんどんと削減していく必要があります。


まずは毎月の収入と支出を数字で管理し、支出を細かく見ていきます。
その中で毎月一定の支出から、必要のない契約などが出てくる可能性もありますので、そういった部分を削減していきましょう。

その後は部屋内を見て回り、今度はモノの管理をしていきます。
服や家具などもこれに該当しますが、1年間使っていないと思われるものは基本的にその後も使うことはないでしょう。

ふと気付いたときに掃除などと一緒に一つひとつのモノを見ていくとそのように考えることができ、昨今ではそれらを効率よく売るアプリやサイトも多数あります。

そうやって必要のないものを削減しつつ、アプリやサイトで売ったものはそのまま貯金用口座に入金する手続きを取れば使っていなかったものからそのまま貯金が生まれていく、といういい循環に入ることが出来ます。

継続をすること

ここまでくればあとは生活の一部にしてしまうだけです。

「継続をする」と心に決めても、それはなかなか難しいですよね。
少し忙しかったり時間がなかったりすると、なかなかそういった細かい部分に頭が回らず、疎かになってしまいます。

ですが自動でお金周りを管理してしまえば、少し時間がなくなって後から確認すれば全て見ることが出来ます。
これは非常に大きなメリットであり、一定期間続かなかったとしても自動で計算されていれば後からしっかりと見直すこともできるため続けやすいのです。


そうなれば後は定期的にコントロールするように“確認する”ということを継続していけばもう貯金上手になっていることでしょう。
最終的に続けることは何より大事ではありますが、誰もがそこに辿り着くことこそが苦手です。


しかし実際に貯金上手な人はその「継続」まで辿り着いているから貯金できているわけで、現代のサービスを見てみると継続しやすい環境を作り出すことも非常に簡単になっています。
またアプリなどで管理できる時代でもあるため、常に持っている携帯で逐一確認できる点もメリットでしょう。

ポイント一つひとつを難しいと感じてしまう人もいるかもしれませんが、最後まで続けてみることで最終的には簡単だと思える環境構築が出来ていることでしょう。

まずは手始めに自らのお金周りに関する数字を把握するところから始めてみてもいいかもしれません。