ビジネス

今話題の『朝習慣』で生活を変える!成功者の朝習慣の真実とは…

『朝習慣』が大事なことぐらいは色んなメディアで取り上げられていることからもよく理解されていることでしょう。

しかしそうはいっても

「朝は起きられない」
「朝から行動なんてできない」

という人が大半ではないでしょうか。


特に朝起きることが辛いという人は数多くいらっしゃると思います。
前日に夜更かしをしてしまったり、夜遅くまで仕事をしていたり、何かに集中していると朝になっていた、なんてこともあるのではないでしょうか。
現代社会においてはコンテンツが多様化し、朝習慣と共に夜習慣も増えてきています。

夜、全てが終わった後にリラックスしながら行うヨガや瞑想といったものもあるため、一概に朝習慣だけが正解であるというわけではありません。

ですが数々の成功者が朝習慣を実践してきており、もはや深夜とも思えるその朝習慣は確実に成功者のための糧になっていることでしょう。

朝習慣をするべき理由は

健康的な行動を習慣化することは非常に重要で、それはどうしても時間が不規則になりがちな夜よりも朝の方が習慣化しやすくなります。
朝の大敵と言えば眠気なので、自ら考え方を変えることにより生活は変わります。それが朝習慣に繋がり習慣化しやすくなるということです。

 

・考える時間を確保する

朝習慣を習慣化することにより、その日一日のタスクを優先度別にしっかりと見極める時間を確保することができます。
それによってその日一日を効率的にこなしていくことができ、ビジネスにおいてもプライベートにおいても無駄のない生活を実践することができます。
朝から行動することによって新鮮な気持ちで行動できるため、気持ちも切り替えやすくスタートできます。

 

・太陽の光を浴びる

人間の体内時計は光を浴びた時からスタートします。つまり太陽の光を浴びる時間が早ければ夜更かしに繋がる理由もなくなるため、健康的な生活を送るにはばっちりでしょう。
さらにリラックス効果のあるストレッチを同時に行うことで、身体づくりにもなり、思考もクリアになってきます。
そうした状態で一日をスタートすることができるので、すっきりとした気持ちで臨めます。

 

・時間配分ができる

タスクを優先度別にわけるためには、それぞれに時間配分をしなければなりません。
しかし考える時間と共に実行する時間が短ければ短いほどにその一つひとつは荒くなってしまい、タスクの進行度にも影響が出てくることでしょう。
朝のうちに時間配分を行い、尚且つ余裕をもった時間配分にしておくことでどこかでエラーが起きた場合にも余裕分でそれをカバーし、タスクスケジュール通りに物事を進めることができるようになります。

 

そうして成功してきた成功者たち

有名な成功者の中には朝習慣を実践してきた数多くの著名人がいます。

  • Apple社 スティーブ・ジョブズ氏
  • Apple社 ティム・クック氏
  • スターバックス社 ハワード・ショルツ氏
  • ウォルト・ディズニー社 ロバート・アイガー氏
  • Twitter社 ジャック・ドーシー氏

朝習慣において行うことは様々ではありますが、中には瞑想を数時間行う人もいるぐらいです。

朝の瞑想は一日のパフォーマンスを高めることができるため、ビジネスにおける影響は大きいものとなっております。

ものごとの優先度をつけながら、英気を養い、パフォーマンス向上も可能とする。一石三鳥のような朝習慣、気合を入れて一度始めてみれば習慣化するのもすぐかもしれませんね。